賃貸マンションの一階の便利なところ

賃貸マンションの一階の便利なところ

賃貸マンションの一階 賃貸マンションに住むと決めた場合には、どこのマンションに住むかを決めることが重要なのはもちろんですが、マンションの何階に住むかというのも重要な問題です。
例えば、賃貸マンションの一階に住むという選び方がありますが、この場合は階段の上り下りがありませんから引っ越し作業が楽になります。
エレベーターがあれば階段の上り下りはなくなりますが、それなりに時間がかかりますし、一緒に乗る人に気をつかうこともあり、なかなか気楽にはいかないものです。
一階であれば自分のペースでスムーズに荷物を運び入れることができますし、その賃貸マンションから引っ越して別の所に移り住む時にも荷物を運び出しやすくて便利です。
一階の場合には上の階に比べて引っ越し費用が安くなるということもありますから、そういった意味でも魅力があるものです。
また、引っ越しほど規模が大きくない普段の買い物の時も、すぐに部屋に行けますから、重い物を長く持つ必要がなくなります。

防犯性の高い賃貸マンションとは

防犯性の高い賃貸マンションを希望しているなら、いくつかのチェックをした方が良いです。
1つ目はオートロックであるかどうかをチェックすると良いです。
オートロックならば、不審者が容易に侵入してこれなくなります。
また、押し売りなどが入ってこないというメリットもあります。
次に防犯カメラを設置しているかどうかをチェックすると良いです。
防犯カメラがあると泥棒などが嫌がるからです。
さらに管理人室があって、管理人が常駐していれば安心です。
ガードマンじゃないから関係ないと思うかも知れませんが、人の出入りがあることで、犯罪者が近づきにくくなるのです。
もちろん、ガードマンがいれば最高です。
ただし、日本の賃貸マンションではガードマンを置いているケースは少ないので、高級マンション以外に住むつもりなら、期待しない方が良いです。
防犯を気にするなら、1階は避けた方が良く、できれば2階も避け、最低でも3階以上に住んだ方が良いです。
低いところだと泥棒などが侵入しやすいからです。