賃貸マンションの一階の便利なところ

デザイナーズ賃貸マンションの増加

デザイナーズ賃貸マンションの増加 デザイナーズ賃貸マンションは、少し前ならば同じ間取りでも家賃が高いイメージがありました。
しかし最近では、若い人が少なく高齢者が増え人口も減り、不動産賃貸物件が余っているので、そう高い家賃ではなくなってきています。
空き家対策で、デザイナーズ賃貸マンションにするオーナーも増え、洗練されたデザインのマンションは、若い人に人気があるようです。
これから、不動産投資も経営戦略を考えないとやっていけなくなる時代が来ると言われ、昔ながらの賃貸マンション経営では厳しいのです。
マンションは、バブル期に過剰に建設され、今の少子高齢化に対応するには、他の賃貸マンションとの差別化を図るためにも、デザイナーズマンションが増加しているのです。
オーナーから見れば、借主に長く住んでもらいたいと思っているので、改装に費用がかかっても、空き室を増やすよりも十分にメリットがあると考え、リーズナブルな家賃設定で貸し出しているようです。

ペットと暮らせる賃貸マンション

最近、増えているのがペットと暮らせる賃貸マンションです。
ペットブームの勢いがあり、仕様を変更して入居者を募集しているオーナーもいらっしゃるようです。
愛犬や猫に負担が掛からないクッション性のあるフローリングを取り入れていたり、消臭効果のある壁紙が使われていたり、中には室内にリードを繋げる場所が用意されていたり、共用部分に足洗い場を設けている賃貸マンションもあります。
ただ、ペットが飼える賃貸マンションでも事前連絡や申請は必要です。
引越しをする場合は不動産屋に直接問い合わせる事は出来ますが、入居済みの方がこれからペットを飼う場合は不動産屋やオーナーに連絡を入れた方が後々トラブルを回避できます。
また、入居する前に賃貸マンション周辺を調べてみる事をお勧めします。
交通量が多いと騒音が気になりますし、散歩する時にも危険があります。
動物病院が近くにあるか調べておく必要もあります。
特に長期で住む場合は一度だけではなく、何度も物件や周辺を下見するのがお勧めです。